もうすぐオリンピック | BLOG

BLOG

2018.02.06

もうすぐオリンピック

2月9日(金)から平昌オリンピックが始まります。

冬期オリンピックの花形競技と言えば、フィギュアスケートですね!!!

現在のフィギュア界は、ロシアと日本がけん引していると言っても良い状態です。

何で日本はこんなに強くなったのでしょうか?

それは、1998年に長野オリンピックの開催が決定を受けて、「第二の伊藤みどりを育成しよう」と計画され、1992年の夏から全国から長野県野辺山高原で将来有望なジュニア選手を集めた合宿が始まりました。

通称「野辺山合宿」です。

この合宿は長野オリンピックまでの予定でしたが、第一期生の荒川静香さんが長野オリンピックに出場したことからメダリスト養成のために現在まで続いています。

後に、荒川静香さんは、2006年トリノオリンピックで金メダルに輝きました。

現在活躍しているスケーターは皆野辺山合宿に小学生の時に参加して、強化選手に選ばれています。

そのような、日本スケート連盟の地道な努力が実ったからなのです。

フィギュアスケートの試合を見ていて、よくわからないというのがジャンプに種類ですよね!

浅田真央ちゃんで有名になったアクセルジャンプは皆さん分かると思いますが、ほかのジャンプは見分けがつかないですよね。

アクセル以外では、ルッツ、フリップ、ループ、トウループ、サルコウですが、見分け方はそんなに難しくないです。

ジャンプ前にトウ(つま先)でリンクを蹴るものと蹴らないものにまず分けます。

蹴るもの・・・ルッツ、フリップ、トウループ

蹴らないもの・・・ループ、サルコウ

以下は書くとすごく長くなってしまうので、以下のリンクをご参照ください。

https://yossense.com/figure-skating-6-jump/

この6種類のジャンプが見分けられるようになると、試合を見ていても楽しさがアップしますよ!!

今回のオリンピックでは、試合時間がアメリカのゴールデンタイムに合わせて午前中という前代未聞な事態になっていて、リアルタイムではTV観戦出来ないのが残念。

金メダルが決まる瞬間は、リアルタイムで見たいですね。

TVタイムスケジュール

https://timetable7.com/olympic/pyeongchang2018/

☆☆Tama☆☆

コメント

コメントフォーム

不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。
適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。

Copyright(C) 2017 KATO buliding contractor's office. All Rights Reserved.